有酸素運動の王道、ウォーキング

トレーニング

有酸素運動で何が一番いいか?それはウォーキングです。

敢えて時間を作ってトレーニングするのでなく、日常生活の中で自然と行うのが長く続けられて、基礎代謝を上げて痩せやすいカラダを作り上げるポイントです。

スポンサーリンク

有酸素運動がカラダにいい訳

有酸素運動は筋肉トレ、ヨガ、ストレッチより安定して脂肪を燃やせます。

その理由について説明しますね。

ポイントは反復運動

有酸素運動のポイントは同じ動作を反復する運動が効果的で、サイクリングやジョギング、ウォーキング、水泳等がこれに該当します。

反復運動のメリットは体内活動が向上し、脂肪をエネルギーへ安定的に変換することができます。

脂肪を燃やす運動習慣として、有酸素運動を中心に取り組むことが理想的なのは、この為なんです。

過度な負荷はマイナス効果

ランニングなどで負荷を上げて消費エネルギーを上げるのは、あまり効果的ではありません。

体に負担をかけてトレーニングをすると、筋肉が硬直して脂肪燃焼率が下がってしまいます。

仮に過度な負荷をかけなくても、無理に長時間運動することによって疲労がたまり、筋肉の連動性が損なわれてしまいます。

この様に、非効率な運動を続けることによって、エネルギー消費効率の悪い体質になってしまうこともあります…

✔ 有酸素運動は反復運動であり、安定的に脂肪を燃焼させれます

✔ 過度な運動はかえってエネルギー消費効率の悪い体質になってしまいます

有酸素運動以外の効果は?

有酸素運動による反復運動が脂肪の燃焼に効果的だと言う説明をしましたが、その他のトレーニングでは、効果がないのでしょうか?

答えは、効果があります。しかし、万人向けするものではありません。

その理由を説明しますね。

脂肪燃焼を効率的にする要は基礎代謝
やみくもに運動や食事制限をしてもなかなかダイエット効果は表れません。 基礎代謝を上げて効率よく脂肪燃焼させることがポイントになります。

無酸素運動で代謝UP!

実は無酸素運動で筋肉をつけて代謝をあげることも効果的なんです。

しかし、体力面や長時間のハードトレーニングをこなせる方でなければ、なかなか継続できません。

持続的に続けるには、程よい負荷が一番いいんですよね。

ストレッチやヨガでダイエットは?

 

では、ストレッチやヨガ系はどうでしようか?

普段、全く運動していなかった方が始めると、しばらくは体重が減ったりと効果がでるかもしれません。

でも、その後はなかなか減らずに、サボったりするとかえってリバウンドすることだってあります。

そもそもなんのですが、ヨガやストレッチは副交感神経を緩め、リラックス効果やストレスの解消を促す効用の方が高いので、ダイエット効果を期待しても、ちょっと厳しい面があります。

やはり有酸素運動が脂肪燃焼の近道です

持続的に運動習慣をつけて代謝が高い体をキープするには、やはり有酸素運動で、反復運動をするのが一番です。

代謝が高く保たれれば、脂肪を燃焼させて体脂肪コントロールができるようになります。

きれいなカラダの近道は日常生活にあり!

ごく普通の日常生活で、体重(&体脂肪)、体型、代謝をベストな状態で維持すること。

この為にすべき事はズバリ、日常生活にあります。

改まって運動をするのでなく、日常生活のなかでちょっとした動作を意識して行うことによって代謝をキープできます。

例えば、毎日一駅分だけ電車に乗らずに歩く習慣をつけたり、極力階段を利用する等といった習慣付けでいいんです。 これだけでも体重を安定的に保てるものです。

日常生活の反復動作による効果

例えば普段、通勤や通勤、ショッピング等で歩くことがあるかと思いますが、実は継続的なウォーキングこそが基礎代謝をあげて、キープさせるのに最も適しています。

ただ「歩く」だけで、これだけのメリットがあります

★血液循環が促進される
★脂肪をエネルギーに変換する能力が高まる
★疲労回復能力が高められる
★腸の動きが促進され、お通じのリズムが安定する

ウォーキングのコツ

ここでは代謝をあげて脂肪燃焼しやすいウォーキングについて紹介します。

ひと口にウォーキングと言っても、脂肪を燃やすための歩き、筋力バランスを整えるための歩き、運動能力維持のための歩き、代謝を上げるための歩きと、実にさまざまな「歩き方」があるのです。

ウォーキングの誤った認識

痩せる為には、1日1万歩歩きなさいとか、一度のウォーキングで最低20分以上しなさいとか聞いたことありませんか?

これって本当に毎日出来れば素晴らしいのですが、なかなか難しいですよね。

普段あまり運動していない方には、かなりハードです。

疲労が抜けずにかえって代謝が悪くなったり、継続するのが困難になったりしてしまいます。

続けられない無理なことは、清く始めから諦めましょう♪

ウォーキングの本来の効果はズバリ…です

運動をする際に、何分間続けたら何カロリー消費できる!と頑張ってみるものの、大したカロリーにならずにガッカリしたこと無いですか?

カロリーなんて気にしなくて良いんです(気にはなりますが…)

そもそも、ウォーキングだけでダイエットとして理想的なカロリーを消費するのは、ほぼ不可能です。(諦めましょう)

ウォーキングでは、カロリー消費よりも、基礎代謝の向上&キープが主目的なんです。

代謝をあげてキープするポイント

代謝をあげて脂肪燃焼する為には、人によってまちまちですが、翌日に疲労感が残らない程度で、毎日続けられるような日常動作の一部として取り入れる事が一番効果的です。

一駅分を歩くとか、階段を出来るだけ使うと言った、敢えて時間を作らず、ながら運動のように取り組むのが長続きのコツです。

 

✔ ウォーキングはカロリー消費よりも代謝促進

✔ 代謝を上げるには無理なく継続的に続ける事!