タイプと目的別!コンシーラーの選び方

コスメ

ベースメイクでくすみやニキビ跡を目立たなくしたり、気になる部分にさっと使えて便利なコンシーラー

普段の使い方を見直して透明感のある美肌を演出するテクニックについて、紹介します。

 

スポンサーリンク

コンシーラーの上手な選び方

コンシーラーとは?

コンシーラーとは、「部分ファンデーション」のことをさします。

ファンデーションでベースメイクする前後に、ピンポイントで目の下のクマ、しみ、そばかす、ニキビ跡などを目立たなくさせる便利なコスメです。

コンシーラーの上手な選び方

しみ、そばかす・クマ・ニキビ跡を隠す目的別や、リキッド・クリーム・スティック等のタイプがあります。

自分の肌にあっているかどうか?どのような跡を目立たなくしたいのか?によって選ぶコンシーラーは変わってきます。

自分にあった上手な選び方をしましょう。

タイプ別。コンシーラーの選び方!

一口にコンシーラーといっても多様なタイプやデザインのものが販売されております。

それぞれについて特徴や使い勝手について説明します。

ステックタイプ

ステックタイプの形状なので、質感的には固く伸びは良くありません。

しかし、隠すという点においては非常に効果があります。

しっかりと肌にのる分、弱くて崩れやすいのでピンポイントに使う用途が適しています。

また、ステックタイプなのでさっとポーチに入れて持ち運びやすいのが便利です。

【資生堂】クレ・ド・ポー・ボーテ コレクチュールヴィサージュ

created by Rinker

ペンシルタイプ

先ほどのステック対応よりもさらにピンポイントに隠したい場合に利用します。

ステックタイプ同様に硬く伸びが無いため、伸ばして隠すのでなく局所的に書き込むような感じで小さなニキビやほくろなどといった比較的小さくて目立つ色合いのものを隠すことに役立ちます。

【資生堂】マキアージュ コンシーラーリキッドEX ナチュラル

created by Rinker

リキッドタイプ

リキッドなので、非常に柔らかく肌に馴染みやすいのが特徴です。

ヨレやすい目元などでも、しっかりと密着して崩れにくいのでクマなどの広範囲でうっすらかすんでいるような箇所をカバーするには最適です。

但し、ニキビ跡やそばかす等のはっきりとした色合いの箇所をカバーするには不向きではあります。

ザセム コンシーラー SNSでも大人気 お肌の欠点完璧カバーコンシーラー

クリームタイプ

リキッドタイプよりもやや硬めで塗り方によって用途を変える事ができるのが特徴です。

薄く塗って伸ばす事で、重みがなく自然な感じで使えることも出来れば、重ね塗りしてしっかりと消したい跡をカバーする事も出来ます。

肌感やトーンで用途にあった使い方ができるのが非常に便利です。

【資生堂】スポッツカバー ファウンデイション

created by Rinker

目的別。コンシーラーの使い方!

コンシーラーを使うのは主に肌トラブルや局所的に目立つ跡を隠す目的があります。

ここでは、その隠す目的にあった使い方を紹介します。

ニキビ跡

小さなニキビ跡であれば、ペンシルタイプや筆タイプがピンポイントでカバーしやすく、おすすめです。

一方大きなニキビ跡にはリキッドタイプのコンシーラーがおすすめです。

色合いとしては、肌トーンより若干明るめのものを選ぶとよいでしょう。

ベアミネラル ベアプロ フル カバレッジ コンシーラー

目の下のクマ

目の下のクマに塗る場合には、筆タイプのコンシーラーで幅広なブラシ形状したタイプがまんべんなくきれいに塗れます。

ファンデーションとの境界を自然な感じにするために、指の腹で軽くポンポンと馴染ませるようにするとよいでしょう。

【コーセー】ノア スティックコンシーラー

created by Rinker

シミ・そばかす

周りの肌の色にあわせるのがポイントです。

周りの肌の色にあわせるのがポイントです。

シミ・クスミの上に肌トーンより明るめのコンシーラーをのせます。

中心から放物線を描くように指の裏でポンポンと馴染ませながらぼかします。

CLINIQUE(クリニーク) ビヨンド パーフェクティング スーパー コンシーラー

created by Rinker

仕上げのひと手間でさらに目立たなく!

仕上げにパウダーファンデーションをのせると目立たず、自然な仕上がりになり。

メイク崩れも防げます。