股関節ダイエットは下半身から痩せていきます!

健康
スポンサーリンク

「股関節」のゆがみが体全体をゆがませるのです。

「あら、太ももがこんなにすっきりしちゃってる!」 「いつのまにか、張り出ていたふくらはぎがここまでスリムになってるわ!」 股関節ダイエットがあなたにもたらす、驚きのうれしい変化。

ずっと悩みの タネだった下半身太りの体型が、みるみる解消していく秘密はいったいどこにあるのでしょう。

股関節を正しく調整する。キーポイントはそこです。

股関節というと、「硬い」 「やわらかい」ということしか意識したことがないかもしれません。

でも、股 関節でいちばん問題にしなければいけないのは、じつは「歪み」なのです。

わたしたちの股関節は誤った生活習慣や間違った運動をつづけることで歪ん でしまっています。歪んだ股関節は骨盤の歪みの原因になり、さらには全身の骨格を歪ませるという、悪循環を引き起こすのです。

骨格が歪んでいると、からだ全体のバランスがくずれ、そのくずれたバラン スをとるために、つかなくてもいいところに余分な硬い肉がつくことになりま す。

その典型がヒップや脚が「たくましくなる」下半身太りですね・歪んで硬 くなると、血液やリンパも流れにくくなります。

ですから、歪んだ股関節を正しく整えたら、効果は下半身からあらわれます

そう、脚もヒップもすっきりして、下半身太りが解消されるのです。

上半身と下半身のバランスをとる重要なポイントが「股関節」

股関節のもっとも大切な役割って何だか知っていますか?

わたしたちは上半身を2本の脚で支えていますが、その両者をつなぎ、上半 身の重みと脚の力のバランスをとっているのが股関節なのです

股関節に歪みがなく正しく整っていれば、2本の脚の力が股関節から背骨、 首、頭へと伝わり、しっかりと上半身を支えてくれます。

ところが、股関節に歪みやズレがあると、力がうまく伝わらないため、頭の 重み(なんと3キロもあります!)が不自然に首や背骨にかかって、骨格のバ ランスがくずれ、からだ全体が歪んでしまうのです。

猫背や首が縮んで前傾姿勢になっているのは「股関節の歪み尋からだの歪み」 が起きている証拠。

股関節を整えることで、背骨も首もすっきり伸び、美しい からだ全体のラインが実現するのです。

頭から首、背骨、骨盤、そして両脚までのラインを、わたしはコンパスにた とえてヨンパスライン」と呼んでいます。

円を描くときに使うコンパスを思い浮かべてください。

コンパスの、指でつ まむ部分が頭、そこから真っすぐ伸びた軸が背骨です。

軸から2本に分かれる 部分が両脚、軸と脚をつなぐちようつがいにあたるところは骨盤。

そして、その骨盤を安定した状態に支える役目を担っているのが股関節です。

どこにも歪みがなくバランスがとれて、きれいに伸びたコンパスラインは、 理想的な体型ですが、それは股関節を正しい状態に保つことで生まれます。

つまり、カギを握っているのが股関節なのです。

O脚、XO脚、X脚…足の歪みも股関節が原因です。

脚が太いと悩んでいる人は、たいてい脚のどこかが歪んだり、曲がったりし ています。

O脚、X脚、XO脚などがその代表例ですが、脚に歪みがあると、 上半身の重みをバランスよく支えることができません。

大きな負荷がかかって しまい、それを支えようとするため、脚がさらに太くなっていくわけです。

では、脚が歪んだり、曲がったりする原因はどこにあるのでしょう。

じつは股関節の歪みが根本の原因になっているのです。

股関節はどの方向に も自由に動く「球関節」です。

その股関節に歪みがなく自由に動いていれば、太もももスムーズで正しい動きができ、脚にも歪みが起きません。

ところが、股関節に歪みが起きて自由に動かなくなると、まわりの筋肉がズ レた状態のままかたまってしまい、脚の歪みを引き起こすのです。

歪みを改善 するには、元の原因である股関節の歪みを調整するしかありません。

股関節が正しい状態になれば、脚の歪みや曲がりも改善され、真っすぐ伸び て長くなります。

また、上半身をバランスよく支えることができるようになるため、負荷が減って自然に脚が細くなっていくのです。

股関節で骨盤が締まるから小尻に♪

骨盤と左右の脚をつないでいるのが股関節です。

骨盤は複数の骨が組み合わ さってできています。

構造は銘ページのイラストのとおり。

股関節が自由に動き、両脚がバランスよく骨盤を支えていれば、歪みは起きません。

ところが、股関節の動きが悪くなり、両脚と骨盤のバランスがくずれ ると、骨盤に歪みが生じるのです。

骨盤は背骨とつながり、背骨はその上の首 の骨とつながっていますから、歪みはそこにも波及します。

ちこつぴこつ 骨盤の歪みの中でもとくに重要なのは恥骨と尾骨の位置です。

ほっそりした ウエスト、キュッと上がったヒップ、すっきりした下半身は、恥骨と尾骨の位 置で決まるといっても過言ではありません。

ところが、女性の多くは恥骨と尾骨が本来あるべき位置より後ろにズレてい 点》よ。

っこつ ます。

恥骨が後ろにあると腸骨が横に広がってしまい、腰まわりが太くなります。

また、尾骨も後ろに出てしまいますから、出っ尻型の垂れ下がったヒッ プラインにならざるを得ません。

恥骨を前に出し、尾骨を内側に入れると、腸骨は横に広がるのではなく、後 せんちようかんせつ ろに開き、仙腸関節(仙骨と腸骨をつなぐ関節)が整い、ほっそりと引き締 ざこつ まったヒップラインが実現します。

恥骨と尾骨、坐骨までも、股関節の歪みを正すことで、整うのです。

ウエストくびれと「恥骨」「尾骨」の不思議な関係

くびれたウエストは、女性ならだれもが手に入れたいと望むボディラインの 最重要ポイントです。

でも、ウエスト自体に目を向けていたのではくびれを実 現することはできません。

くびれは股関節と深くかかわっているからです。

股関節が歪んでいると、恥骨と尾骨の位置が後ろにズレてしまうという話は せきちゅう すでにしましたね。

尾骨の位置が後ろにあると、背骨(脊柱)が前に傾き、それに連動して首も肩も前に傾きます。

この前かがみになった姿勢では重い頭をバランスよく支えることができませ ついこつ-つつこつ ん。

そのため、背骨の椎骨が詰まってくるのです。

背骨は肋骨とつながってい ますから、背骨が詰まると肋骨の位置が下がってきます。

ウエストのくびれにとってここは大切なポイントです。

肋骨が下がったままではくびれはできないからです。

肋骨が下がるということは、骨盤とのあいだ の距離が短くなるということ。

そう、くびれるスペースがなくなるのです。

また、肋骨が下がれば、それに支えられている肺や胄など内臓も下がってき ます。

下がった内臓の重みで腸も下がりますから、くびれとは真逆の、あの「お なかぽっこり」にもなるのです。

股関節を正しく整えると、恥骨と尾骨が前に出て背骨が真っすぐになり、肋 骨が上がります。

その結果、肋骨と骨盤とのあいだに十分なスペースができ、 ウエストは自然にくびれてくるのです。

もちろん、背骨が伸びて肋骨が上がれば、下がっていた内臓ももとの位置に 戻り、おなかぽっこりも解消されます。

股関節ダイエットは、股関節を整えるだけでなく、ボディラインにとって重 要な筋肉を発達させます。

肋骨を支える筋肉、ウエストを引き締めてくれる筋 肉、おなかを引き締める筋肉、さらに骨盤のバランスを保つ筋肉などが鍛えら れるのです。

それらの筋肉がウエストのくびれを盤石なものにします。