コラーゲンは化粧品と食べ物で補えません

テーマ別美容

コラーゲンは化粧品で直接塗ったり、食べ物で補給しても補えません。

コラーゲンを活性化させる化粧品を使うことが正しい方法です。

また女性ホルモンによる影響が大きいのでホルモンバランスを崩さない事が重要となります。

スポンサーリンク

コラーゲンの補給

世の中にはコラーゲン配合の化粧品やコラーゲンがたくさん含まれた食べ物を目にすることがあります。

実際にこの効き目について検証したいと思います。

コラーゲン入り食品の効き目は?

うなぎやフカヒレ、手羽先、美容ドリンク等がコラーゲンが多く含まれているという事で美容によい食べものとして脚光を浴びたりしています。

はたしてその効果は?

結論から言うと、肌のコラーゲンは補えません。ただし、増やす役割はあります。

食べ物から摂るコラーゲンは分子量が大きく、そのままでは体内に吸収される事はありません

胃で分解されてアミノ酸になってしまいます。

このアミノ酸は腸で吸収されるのですが、体を構成する骨や内臓、肌等の栄養となっています。

またアミノ酸になりきれずコラーゲンとアミノ酸の中間の物質「コラーゲンペプチド」
の状態で体に吸収される事もあります。

こちらの方が、よりコラーゲンに近い組成なので直接肌に作用する効果は大きいです。

コラーゲンを含んだ食べ物を沢山食べるよりも栄養バランスが取れ且つアミノ酸を多く含んでいる食べ物を摂る方が効果があるのです

コラーゲン配合化粧品はコラーゲンを増やすのか?

コラーゲン配合化粧品も多く目にすることがあります。

化粧品も結論から述べると、コラーゲンは補充出来ません。

コラーゲン自体分子量が大きので、直接肌にしみこんで表皮や真皮のコラーゲンを増やすという事はありません

ただし、コラーゲンは角質層のに潤いを与え保湿に役立ちます。

コラーゲンが配合されているからと言ってコラーゲンが増えるという訳ではないので
正しい理解のもとで、化粧品を選びましょう。

美容外科でのコラーゲン注射

肌に直接コラーゲンを補給するイメージとして一番わかりやすく、また効果がある方法として唯一、美容外科でのコラーゲン注射があります。

これは人間のコラーゲンに似た組成の牛のコラーゲンが多く利用されています。

一時的には補いたい箇所にコラーゲンを注入して弾力・ハリが得られるようになりますが、やはり人間にもともとあるコラーゲンとは全く同じでないために、長期的にみると
体内に吸収されて無くなってしまいます。

また、用法・容量を見誤りますと肌トラブルを起こす可能性もあるのです。

✔肌のコラーゲンを化粧品や食品で補うことはできません
✔コラーゲン注射で補えたとしても、長い期間が経つと吸収されて無くなります
✔コラーゲンは分解されてアミノ酸となり吸収されます。アミノ酸は肌を作る役目がある為、間接的には効果があります

コラーゲンの減少と増やし方

コラーゲンの減少

コラーゲンは年齢とともに減少していきます。

グラフに示すように、20代にピークを迎え、そこから徐々に減り始めます。

コラーゲンが減少する事によって、肌にハリやコシがなくなり、肌のたるみとなってシワになってしまいます。

コラーゲンを増やす方法

前述した通り、直接コラーゲンを補う事は出来ません。

では減少していくのをじっと放置しておくのか?

答えは補充するのではなく、コラーゲンに作用し増加させるきっかけを作ることに着目した対策する事にあります。

ビタミンC誘導体配合の化粧品は比較的浸透しやすく、コラーゲンに直接作用するので、コラーゲンを増やすという面に於いては効果的です。

またレチノール配合の化粧品もレチノール自体コラーゲンを組成する物質である為、非常に効果的です。

コラーゲン維持・増加の要素はエストロゲン

エストロゲンは卵巣から出る女性ホルモンで、卵胞ホルモンともいいます。

エストロゲンは、若々しさや女性らしさを引き出すホルモンで、美容にとって切り離せない重要な要素になります。

エストロゲンの分泌

エストロゲンは肌の水分量を保ったり、コラーゲンを守ったりする役割があります。

妊娠や出産といった女性特有の体を作っていくうえでも非常に重要なホルモンです。

このエストロゲン分泌量は20代をピークに徐々に減少し40代以降に急激に減少します。

40代以降で出産が難しいのはこの要因があるからです。

完全に生理が止まる閉経時はおよそ50歳前後といわれ、この頃になるとホルモンバランスが大幅に崩れ、よく言う更年期障害が始まってしまうかたもみえます。

薬でエストロゲンを投与する事も可能ですが、乳がん等の発ガンのリスクが高いため推奨いたしません。

老化以外のエストロゲン減少要因

老化によってエストロゲンが減少するのは生理的なものという事で理解して頂けたと思います。

では、それ以外に減少するのは? これは様々な外的要因が影響して減少することがあります。

過度のストレスや無理なダイエット・リバウンド、睡眠不足や運動不足といった不摂生な
生活は外的要要因となります。

若々しく女性らしい方は健康的で規則正しい生活を送っている方が多いのはこのことも関係しているんですね。

エストロゲンを維持するには?

エストロゲンを薬の投与によって増やす事はリスクがあるので、増やす作用のある食物や
卵巣に影響する骨盤周辺の血流をよくする事で効果が得られます

食物としては、大豆に多く含まれているイソフラボンはエストロゲンに似た作用があると
言われております。

豆腐や納豆等の食品で適量をまめに摂ることが良いでしょう。

また骨盤の血流をよくと、卵巣の機能も活性化されます。

血流をよくする方法として、骨盤を締め付けるようなパンツを長時間吐くことを避け、
下半身を冷やさない事を心掛けると良いでしょう。

また、ストレッチやヨガにて骨盤の可動域を良くすることも非常に効果的です。