シミ対策には原因と成分を正しく理解して美白化粧品をつかいましょう

コスメ

みなさん、シミ対策として夏場だけ美白化粧品をつかったり、まだ若いからと言って美白ケアを怠ったりしてませんか?

美白成分やシミができる仕組みについてキチンと理解した上で、自分の肌にあった本物の美白化粧品を選びましょう。

スポンサーリンク

イメージで選ばず美白成分を必ずチェックしましょう

 

美白化粧品をかわいいパッケージだとかイメージが良いからとかいう選び方でなくて自分にあつた商品を選ぶ必要性について紹介したいとおもいます。

その美白化粧品はどうやって選びましたか?

美白化粧品と一口で言っても様々な種類があり、取り敢えず、タレントさんが使っているからとか、SNSで話題になっているからと言った理由で選んでませんか?

なんとなく選んだりすると、実は美白成分が配合されていなかったってことにもなりかねません。

簡単な見分け方としては、「医薬部外品」を選ぶのが無難でしょう

医薬部外品は厚生労働省が有効性があると判断したのものであり、薬品と化粧品の中間的な位置付けで、両方の効用があります。

実は「日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ」と言う表現はこの医薬部外品だけに認められている表示なんです。

但し、なかには医薬部外品でなくても、美白成分が含有されております。この記事を読んで美白効果について理解された皆さんは、自分のお肌や好みで自分にピッタリの1本を見つけてみては如何でしょうか?

美白成分とその効果の仕組み

次々と新しい商品が発売されるからと言って必ずしも、効用が良くなっているわけではありません。

よく配合されているのは、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、コウジ酸、溶融性甘草エキス等です。

ポイントとなるのはどんな成分が含まれており、それがどのような症状や年齢層をターゲットにしていて、自分にあっているのか?

正しく理解した上で利用することが大切になります。

配合成分の効果について

美白成分について、色々な成分があることがわかりましたので、一つ一つ役割について紹介しますね。

ビタミンC誘導体

誘導体とは、肌に吸収しやすい様にしたものです。

ビタミンCは直接肌に塗ってもほとんど浸透しないので、誘導体として配合されています。

ビタミンCはメラニンが作られることを予防し、既にできてしまったメラニンに対しても薄くする作用が働きます。

コウジ酸

コウジ酸は、メラニンをつくる活性酸素や情報伝達物質、炎症の発生を防ぐことによってメラノサイトの生成を阻害します。

また、定着してしまったメラニンに対しても分解して薄くする効用があります。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは既にメラニン色素が肌に沈着してしまった場合でも効果を発揮します。

医薬部外品として販売されているものは、4%未満配合のもので、これ以上の配合は医薬品になってしまいます。
ただし効果が強いので、肌が弱い方や合わない方は、使用を止めるようにしてください。

アルブチン

アルブチンには「αーアルブチン」と「βーアルブチン」があります。「αーアルブチン」約はハイドロキノンを浸透しやすく誘導体にしたもので医薬部外品対象外になります。ただし、ハイドロキソンより効果が強い成分です。

「βーアルブチン」は医薬部外品であり、メラニンが生成される過程において活動事体を阻害し、メラニンが出来にくくする効果があります。

ルシノール

ポーラが開発した成分で北欧のモミから抽出したエキスを元に作られています。

紫外線を浴びて酵素である「チロシローゼ」が生成されメラニサイトと結合する事によってメラニンが出来るのですが、このチロシローゼと結合してメラニンが出来にくくなる様にします。

コウジ酸に似た働きをするのですが、効果は約10倍近く効力があります。

油溶性甘草エキス

油溶性甘草エキスは、豆科の植物カンゾウの根、またはその同属植物の根、茎から抽出した植物エキスです。
甘草エキスに含まれるグラブリジンには、メラニンの生成を促す酵素チロシナーゼを抑制する働きがあります。

その他

今回ここで紹介した成分は美白成分の一部にすぎません。

日々、研究が進められて新しい成分が開発されており、年々より効用のあるものが数多くつくられている状況です。

ただし、ちょっと使っただけで確実にシミが消せる様な魔法の媚薬は存在しておりませんので日々のケアを怠らずするのが美肌への近道です。

紫外線によってシミができる仕組み

紫外線を浴びるとメラニンが作成され、それが沈着すると、シミになることはご存知かと思いますが、ここではより詳しく紹介します。

1.メラニンをつくる指令が出される。

肌に紫外線を浴びると、表皮細胞からエンドセリンなどの情報伝達物質が分泌されます。これがメラニン色素をつくる「メラノサイト」の活性化に結びつきます。

2.メラニンがつくられ始める

ンドセリンなどの情報伝達物質がメラノサイトに届き、メラノサイト内でメラニン色素の生成がスタート。「チロシン」というアミノ酸に対して、メラノサイトにある「チロシナーゼ」という酸化酵素が働き、メラニン色素へと変えてしまいます。

3.表皮細胞へ送り込まれる

メラノサイトでつくられたメラニン色素は、表皮細胞へと徐々に受け渡されていき、ターンオーバーによって徐々に表皮へ上がっていきます。

4.シミになる。

メラノサイトの過剰な活動が収まらず、メラニン色素がどんどんつくられ続けると、メラニン色素同士が結合し、シミとなって残ってしまいます。

これは年齢を重ねるとターンオーバーの速度が遅くなるので、シミが出来やすい肌状態が年齢とともに出来上がっていきます。

そして、年齢とともにコラーゲンの減少によって、真皮下のうるおい成分が損なわれメラニン色素を生成するメラノサイトが増えていきます。

加齢とともにターンオーバーが遅くなる事やメラノサイトが増える事によって、シミが出来確率が高くなっていきます。

✔ 紫外線を浴びる事によってメラサイトでメラニン色素が作成されます

✔ メラニンは過剰に生成されたメラニン色素が結合し、シミに…

✔ 紫外線を浴びる量・回数や年齢によってシミが出来やすい肌環境に

■シミができてからではなく予防的に使う

美白化粧品は一年中使いましょう

 

美白化粧品を使う多くの方が、シミやくすみが出来てから美白ケアを始める方が多いですが、基本的に美白化粧品はシミができる前のメラニン色素を減らすようのに効果があります。

出来てしまったシミは消せなくなないのですが、なかなか難しいものです。

美白効果のある化粧品としては、化粧水・美容液・クリーム・パック等さまざまな商品がありすべて取り入れるのは日常のケアも金額的にも大変になります。

日々の日課として利用することを踏まえて、化粧水か美容液タイプのものを利用するのが良いかと思います。

もしシミが出来てしまったら…

出来てしまったシミに対しては、更に効果のある成分が含有されている高価な製品やスポット的なクリーム等でシミを目立たなくする事が可能です。

化粧品等で出来てしまったシミがまるで無かった様にキレイに消えます!という様な謳い文句がありますが、シミを「なかった事」にする事は非常に難しいのが現実です。

ですので、30歳頃からはチロシナーゼを阻害し、メラニン色素を作らせない肌環境を整えていく事が大切となります。

✔ 美白ケアは夏場だけでなく、1年を通して行いましょう

✔ 美白化粧品はシミが出来る前に使いましょう

✔ 出来てしまったシミには、より美白効果の強い成分が配合されている商品を